どうして業者巳よって査定がこんな巳違うのか

査定はもともと勘だけでしている業者が大多数です。

 

その勘もそのテリトリーを得意にしている業者とそうでない業者ではまるっきり違ってしまいます。

 

どうしてそんな事が起こるかというと、中古マンションに限らず、不動産というものは、ある物件が売れるとそれが相場、という事になってしまうわけです。

 

しかし、先ほどの例でいえば売り急ぎの人は3OOO万円の相場のものを25OO万円でも売りに出す事があります。

 

反対に買い急いでいる人は4OOO万円では買わなくても35OO万円に値引きすると買う可能性は高いでしょう。

 

そうすると今度は25OO万円で売れるとそれが相場、と考えるのが業者の考え方なのです。

 

そして35OO万円で売れるとそれが相場と考えます。

 

確固たる相場感を持っている業者は少数です。

 

25OO万円で売れた後なら25OO万円、35OO万円で売れたあとなら35OO万円の査定価格になる事は明白です。

 

しかし、実際にはそんなにタイミング良く、同じマンション内に成約物件(売れた物件〉があるとは限りません。

 

むしろないのが普通です。

 

ですから近隣のマンションの成約価格から推測していくわけですが、この成約価格を調べる手立てがありません。

 

売り出し価格はもちろん知っていますが、売れた価格が、売り出し価格からどれくらいの値引きで売れたかは、なかなか業者同士でもはっきりとは教えないものです。

 

近隣のマンションといっても、業者によっては比較すると物件が違ってきてしまいます。

 

比較する物件が違ってきてしまうと、今度はグレードの違いや、全体的なランクの違い等、主観の入る部分が多くなるからで、査定が全く違ってきます。

 

実際、複数の業者に頼めば、まず閉じ査定価格には絶対というぐらいならない事の方が多いのです。

 

そして、この成約条件からの時間の経過をどのように読むかによって、ますます業者の相場のカγがいい加減になってきてしまいます。

 

中古マンションに限った事ではありませんが不動産の相場(市況〉は刻々と動いています。

 

先月、3OOO万円だからといって今月も3OOO万円とは限りません。

 

むしろ違って当然です。

 

このように市況は動いているようですが、そのテリトリーに詳しい業者と余り詳しくない業者では、その地域では強含みなのか、弱含みなのかの判断も違ってくる事
があります。

 

市況は週刊住宅情報に掲載されている解説では断片的で、ましてや新聞の記事ではタイムリーという観点からは期待を逸しています。

 

相場が下落基調といいつつも上昇に転じている地域もありますし、またその逆もあります。

 

たとえば新都庁がらみで新宿が注目されたら、その周辺も動いてきますが、その時でも全体的に沈静化している時だと新宿は別として周辺の相場に対して強、弱、二つの見方が出るものです。

 

これはちょうど株式と一緒で、ある株を安いと思って信用買いする人がいると思えば、その一方で、同じ値段でカラ売りする人がいるのに似ています。

 

土地 相続 売却をお考えの方はご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>